そもそも避妊薬はどういったもの?

避妊薬は妊娠を希望しない人や、婦人病を予防したり治療したい人によく使用されるようになっています。
日本国内では他国と比べるとまだ普及していない部分があるということは否定できませんが、しかし世界的に見ると、これを使用している人や国はかなり多くなっています。
ですが実際に避妊薬がどうして避妊の効果を持つのか、その仕組みはどうなっているのかということについてしっかりと理解できている人はさほど多くありません。
では実際のところ、避妊薬はどういった仕組みで効果が発揮されるのかというと、これは主にホルモンによる効果を期待できるとして説明することが出来ます。
人の体には様々なホルモンがあり、男性だと男性ホルモン、女性だと女性ホルモンが盛んに分泌されるようになっています。
避妊薬が主に効果を発揮するのが、この女性ホルモンというホルモンです。
特に大きな影響を与えるのがプロゲステロンとエストロゲンの二つのホルモンで、それぞれ妊娠に対して非常に大きな影響を与える存在です。
現在使用されている低用量ピルの多くには、これら二つのホルモンが少量含まれた上で使用されているのですが、これはつまり女性の体に対して、医薬品という形でホルモンを供給するということです。
低用量ピルをある程度の期間服用した女性の体ではこれらのホルモン量が一時的に増えることになるのですが、これらのホルモンが体に多くあるという状態だと、脳は「これ以上エストロゲンやプロゲステロンを分泌する必要は無い」として判断するようになります。
そしてこの二つのホルモンが生成されないようになるとどうなるのかというと、特に大きな影響として、排卵が発生しないということになるのです。
女性が妊娠するには精子が着床することが絶対に必要ですが、排卵が発生しないのであればその着床が起きるはずがありません。
つまり避妊薬を服用すると女性機能を残したまま、排卵という生理現象だけを起こさないように体を変化させることが出来るということになります。
これによって避妊という効果を発揮させることが出来るのです。
こうしたことを聞くと「排卵が出来なくなるのではないか」と心配される方もいますが、現在の日本国内で使用が認められている低用量ピルであればそうしたことはありません。
服用期間中は確かに排卵が発生しなくなりますが、これはあくまでもピルという形で女性ホルモンが通常よりも多く供給されているからです。
ピルの服用をやめればホルモンの量は通常に戻りますから、服用を中止してしばらくすればまた妊娠できるようになるのです。

●低用量ピルのほかにも、避妊に失敗した場合に妊娠を回避するためのモーニングアフターピルという緊急避妊薬があります。

ページトップへ